働き方改革対策

働き方改革対策WORK SYSTEM REFORM

働き方改革の課題をkinnosukeでラクラク管理

国が労働環境を見直すために2019年4月から適用開始した「働き方改革」。
中でも現場が最も対応に追われる項目が「有給休暇管理の義務化」と「時間外労働管理の強化」と言われています。
kinnosukeは有休管理・時間外労働管理など「働き方改革」の法改正に対応した勤怠管理システム。
従業員の有休取得状況や勤務時間を把握し、条件を満たしそうにない従業員を検出した場合は、本人と上長などに「お知らせ」か「メール」で通知。
解決すべき条件を促す事で、自然に有休取得や勤務時間を意識するようになります。

kinnosuke導入前
before
月末締めや有休付与日などであとあと状況が発覚する。
  • 有休未取得のまま
  • いつのまにかオーバーワーク

導入

導入

kinnosuke導入後
kinnosuke
kinnosukeの自動通知により自身で意識・管理するようになる。
  • 有休取得を意識する
  • 勤務時間の上限を意識する
kinnosukeによる有給休暇取得の義務化 kinnosukeによる時間外労働管理の強化

有給休暇取得kinnosukeによる有給休暇取得の義務化

有給休暇が年10日以上付与される従業員に対し、年5日以上の有休取得が義務付けられ、違反した場合は1人につき30万円以下の罰則が企業に科せられます。kinnosukeは、全従業員の勤務状況と同様に有給休暇の取得状況も管理。義務条件を満たしそうにない従業員を検出し、本人と現場管理担当者、人事・経理担当者へ「お知らせ」か「メール」で通知。自主的に有給休暇を取得するよう促します。

従業員に有休取得を促す

有給休暇 年5日以上取得義務を呼びかけます。

一定期間ごとに、有休取得の指定値を下回る従業員を検出。kinnosukeが自動で警告メッセージを従業員に送り、5日以上取得の徹底を呼びかけます。

有給休暇

面倒な有休付与作業を全て自動処理

有給休暇日数を自動で付与します。

各人の有休付与日を把握しているので、有休日数の付与〜残日数の追加を自動で更新。今まで面倒だった有休付与の更新作業は、全てkinnosukeが行います。

有給休暇

有給休暇管理台帳に必要な項目を
kinnosukeで記録・確認できます

有給休暇管理台帳の管理をサポート。

「休暇履歴管理」機能より、有給休暇の「取得」「付与」「残日数」「取得率」の確認ができます。
システム上での管理も認められています。

有給休暇

時間外労働管理kinnosukeによる時間外労働管理の強化

残業などの時間外労働は、原則月45時間、年360時間以内に収めなければなりません。
ですが残業が習慣化した組織の意識改革や、従業員全員の業務時間を上司が管理する方法では、改善するのが難しいです。kinnosukeは、出勤簿データから毎日一人ひとりの合計業務時間を算出。
時間を超過しそうな従業員に対し、時間超過しないように通知します。

従業員に勤務時間の上限を知らせます

時間外労働の上限を超過する従業員に自動通知します。

毎日の打刻で集計される出勤簿から、規定の時間を超過しそうな従業員に対し、警告メッセージを通知。本人に勤務時間の上限を意識させます。

各種アラート

出勤簿状況チェックまたは勤務実績照会で設定すれば複数月の時間外労働平均時間も確認できます

2〜6ヶ月間の時間外労働平均時間の集計を設定できます。

出勤簿状況チェックまたは勤務実績照会で設定すれば、出勤簿から月平均の時間外労働時間も算出できます。
そのため管理者が出勤簿を集計して計算する必要はありません。

有給休暇

お問合せ・資料請求CONTACT