kinnosukeが提供する価値

社内のタイムマネジメントを
kinnosukeひとつで解決

勤怠管理システムを提供して10数年以上の実績を持つHOYAが、
そのノウハウを基に作り上げた働き方の次世代システム「kinnosuke」。
社内の基幹系情報を共有できるクラウド型勤怠管理システムです。
従業員の働き方を可視化するほかに、就業に関する各種申請や働き方改革対応、
シフト・工数管理等を、kinnosukeで行えます。

kinnosuke
勤怠管理
出退勤等の
勤怠管理
各種申請
早遅・有休等
各種申請
労働時間・有休取得の
労基法対策
シフト作成
社内伝達用の
シフト作成
工数管理
業務状況を確認する
工数管理
お知らせ機能
社内伝達用の
お知らせ機能

kinnosukeひとつで解決します
kinnosuke画面

いつでもどこからでも
勤怠管理ができるクラウド型

kinnosukeはクラウド型勤怠管理システムです。
クラウド型なのでインターネット環境さえあれば
どこからでも出退勤の打刻や残業・有給休暇等の申請ができます。

クラウドサービス

自社サーバ不要で
お手軽にシステム化ができる

クラウド型システムのもう1つのメリットは、サーバーを自社で持つ必要が無いという点です。サーバーをメンテナンスする人員を確保せずともサービス利用ができます。なお、kinnosukeは、高度なセキュリティ基準をクリアしているサーバー アマゾンウェブサービス(AWS)で運用しているので、自社内でサーバーを管理する必要がなく、情報保護も万全です。

お手軽にシステム化ができる

お客様に合わせ選べる2つの導入プラン

導入支援チームが設定代行する「kinnosuke」

専任の設定チームがお客様のご要望をしっかりとヒアリングし、最適な勤怠が実現できるように導入設定を行うプランです。

※別途初期費用が発生します。 ※オプション機能を追加した場合、追加の月額費用が発生します。

kinnosuke

短期間・低コストで導入できる「kinnosuke Self Edition」

「できるだけ費用を抑え、短納期で導入を行いたい」というご要望から生まれた、初期費用0円・低ランニングコスト・自社導入ができるプランです。

※オプション機能を追加した場合、追加の月額費用が発生します。 ※導入支援チームによる設定代行はご利用いただけません。

kinnosuke Self Edition

パフォーマンス向上のため
定期的なアップデート

定期的なアップデート

労働基準法の
改正等に合わせ機能を拡張

常に最新のサービス環境を利用できます。
※新機能のご利用の際には、別途費用が発生する場合があります。
※設定変更が必要な場合、別途費用が発生します。

労働基準法の改正等に合わせ機能を拡張

お問合せ・資料請求CONTACT

お問合せ

kinnosuke・導入コンサルプランについての質問や、初めて勤怠管理導入を検討されている方は、下記「お問合せ」よりお気軽にご相談ください。

資料請求

kinnosukeの機能を紹介した製品資料をお送りします。ご希望の方は「資料請求」よりお進みの上、資料請求フォームを送信ください。