労働時間超過対策 自動通知 restriction

労基法に基づく時間外労働の時間超過を自動で検出〜通知

kinnosukeでは、従業員の出勤簿から時間外労働時間を常に集計。
上限を超えそうな対象者には指定のタイミングで警告メッセージを自動送信します。

時間外労働の上限を超過しそうな従業員につき、
本人・上司・管理者などに警告メッセージを送信

出勤簿に対して、任意のタイミング・条件でメッセージを設定可能です。
例えば、月の時間外残業時間が20時間を超えた時点で注意喚起、35時間を超えた時点で警告アラートなど文面を変えてメッセージを設定することで、残業上限の超過対策になります。

[細かい条件と通知設定が可能]
  • 月数回のメッセージ送信
  • 上長・人事への通知
  • グループ・役職・個人別の指定
【36協定の時間外労働時間超過を抑えるメッセージ機能】

【36協定の時間外労働時間超過を抑えるアラート機能】

出勤簿状況チェックの設定が可能

特別条項限度で定められる、時間外労働年720時間の管理や、月45時間超過の回数のカウント・指定回数の検出・通知にも対応できます。

【出勤簿状況チェック】 ※クリックで画面表示します

【出勤簿状況チェックの設定一例】

20時間・35時間・40時間
ごとのチェック
年累計720時間の
対策チェック
月累計45時間の
対策チェック
複数月平均80時間
対策チェック
3ヶ月・6ヶ月・1年
ごとの残業超過規制通知
年5日以上の
有休取得対策設定
最大6回 月45時間超えを
知らせる設定
オリジナルの
設定

様々な出勤簿状況チェックが設定可能です。実装したいチェック機能をご検討の方はコチラへお問合せください。

出勤簿状況チェック設定画面
[条件名称]
検出する設定の名称を設定できます。
[対象期間]
検出する期間を設定できます。
[実行サイクル・実行時刻]
検出するタイミングを設定できます。
[対象者]
全社員対象と個別対象を選択できます。
個別は部門名・社員名・社員番号・労働パターンを設定できます
[対象除外者]
検出対象の除外者を設定できます
[送信対象者]
検出にかかった際の通知先を設定できます。
[条件式]
個別か全ての条件に該当した際の通知条件を設定できます。
[分類]
項目と比較などの分類を設定できます。
[関係]
所定労働時間などの関係を設定できます。
[出勤簿チェック時のメッセージ]
通知時のメッセージを設定できます。日本語・英語の言語も選択できます。
【時間外労働の超過検出・通知設定】

時間外労働の超過検出・通知設定

条件に該当する社員の情報をリストで確認できる「勤務実績照会機能」

設定した条件に達した従業員を一覧リストで把握できる機能。
条件に満たない従業員も状況を一覧で確認可能です。勤務実態の把握やマネジメントに利用できます。

アラート設定画面

お問合せ・資料請求CONTACT