自動化できる休暇管理 leave-management

kinnosukeが全ての休暇管理を自動処理
人事総務担当者の作業を大幅に軽減します

年次有給休暇(労基法通り・比例付与)や夏季休暇などの各種休暇の付与計算を自動処理。
予め設定した条件に従い、付与日を自動判別して付与計算を行うため、人事総務担当者の作業を大幅に軽減します。
また、代休や病気休暇などの“休暇の残日数”も全て管理。さらに、積立有給休暇(保存年休/プール休暇)や有給休暇取得率の計算にも対応しています。

【年次有給休暇付与作業】勤続年数4年目の従業員の場合

【年次有給休暇付与作業】勤続年数4年目の従業員の場合

【年次有給休暇の残日数確認〜処理】年次有休残9日の従業員が有休申請した場合

【年次有給休暇の残日数確認〜処理】年次有休残9日の従業員が有休申請した場合

労基法に基づく有休日数や一斉付与、
夏季休暇など様々な付与条件に対応可能

雇用体系等で付与日数や付与のタイミングが異なる場合にも、複数パターンを登録することで問題なく対応できます。また付与のタイミングや有効期限、出勤率(出勤とみなす休暇設定)など柔軟に設定登録が可能です。

【休暇自動付与設定のイメージ】

【休暇自動付与設定のイメージ】

【休暇自動付与設定のイメージ】

【休暇条件設定画面】
休暇条件設定画面
休暇条件設定画面

【休暇残日数管理(管理者画面)】

【休暇残日数管理(管理者画面)】

【休暇残日数管理(従業員画面)】

【休暇残日数管理(従業員画面)】

有休取得の義務化をラクラク管理VACATION MANAGEMENT

従業員の有給休暇取得状況をいつでも確認
管理は全てkinnosukeが対応

労基法の改正により、2019年4月から有給休暇が10日以上付与されている従業員に対し年間5日分の有給休暇を取得することが義務付けられました。(違反した場合、1人当たり30万円以下の罰金)そのため管理者は従業員の有休取得状況を把握し、指定値を下回る者に対して事前に有休取得を促す必要があります。kinnosukeは、従業員の有休取得状況を常に管理〜検出。取得義務数に満たない従業員を通知します。

有休取得の指定値を下回る従業員を自動検出
指定のタイミングで自動通知

kinnosukeは、出勤簿と連携した休暇履歴管理機能から有休取得の指定値を下回る従業員を自動検出。5日以上の有休を取得するよう、指定のタイミングで、本人と上長・人事などに自動通知します。
また有休取得日が異なる場合も各従業員の付与日数を把握しているため、取得不足の通知や自動付与などの管理を個別で行えます。

【有休付与から6ヶ月・10ヶ月後に取得状況を把握・通知】

【有休付与から6ヶ月・10ヶ月後に取得状況を把握・通知】

休暇履歴管理機能が、「有給休暇管理台帳」の役割を果たす

労基法の改正に伴い「有給休暇管理台帳(または有給休暇管理簿)」の作成が義務づけられ、有休付与日から3年間保存する事が必須となりました。kinnosukeには、有給休暇の「取得」「付与」「残日数」「取得率」の確認できる休暇履歴管理機能が備わっているため「有給休暇管理台帳」の役割を果たします。(有給休暇管理台帳はシステム上の管理も認められています)

休暇履歴管理機能が、「有給休暇管理台帳」の役割を果たす

お問合せ・資料請求CONTACT