API連携・SSO

他システムとの連携で運用業務の省力化を実現

APIやシングル・サイン・オン(SSO)を利用した他システムとの連携によって、より効率的な運用が可能となります。
APIを利用することで外部プログラムとkinnosukeへ打刻履歴・社員情報・勤務集計データ等の自動連携ができます。
また、SSOでは1度のユーザー認証で複数のソフトウェアやサービスへログインできます。

他システムとの連携で運用業務の省力化を実現
※kinnosuke Self Editionは対象外となります。

シングル・サイン・オン(SSO)への対応

シングル・サイン・オン(SSO)は、1度のユーザー認証で複数のソフトウェアやサービスへアクセスできるシステムです。

シングル・サイン・オン(SSO)への対応

お問合せ・資料請求CONTACT

お問合せ

kinnosuke・導入コンサルプランについての質問や、初めて勤怠管理導入を検討されている方は、下記「お問合せ」よりお気軽にご相談ください。

資料請求

kinnosukeの機能を紹介した製品資料をお送りします。ご希望の方は「資料請求」よりお進みの上、資料請求フォームを送信ください。