導入までの流れ

導入までの流れEXECUTION SEQUENCE

導入支援チームが、
kinnosukeの設定を代行します

経験豊富な専任の導入支援チームが、お客様の勤怠に関する事項や課題をヒアリングし、必要な機能の明確化(設定仕様書の作成)を行います。そしてkinnosukeに最適と判断された機能を設定することで、お客様の環境に最適な勤怠管理を実現いたします。
導入コンサルタント

システム導入代行の流れ

システム導入に必要な設定のため、ヒアリング〜設定仕様書の作成を行い、設定を代行いたします。

ヒアリング
専任の経験豊富な導入支援チームが、kinnosukeの設定に必要なお客様の業種や組織形態、業務改善したいことなどのヒアリングを行います。
設計
ヒアリングの結果から、kinnosukeの設定仕様書を作成します
フローチャート
設定代行
設定仕様書に基づき、kinnosukeの設定を代行します。設定が済みましたらお客様にて検証していただき、本稼働となります。
管理者講習
お客様の設定を元に機能の確認や、操作方法など丁寧にレクチャーします。
ヒアリング
専任の経験豊富な導入コンサルタントが、kinnosukeの設定に必要なお客様の業種や組織形態、業務改善したいことなどのヒアリングを行います。
設計
ヒアリングの結果から、HOYAの設計チームが、kinnosukeの設定仕様書を作成します。
設定代行
設定仕様書に基づき、kinnosukeの設定を代行します。設定が済みましたらお客様にて検証していただき、本稼働となります。
管理者講習
導入コンサルタントが、お客様の設定を元に機能の確認や、操作方法など丁寧にレクチャーします。

システム導入代行で実現する価値

導入支援チームが
運用のスリム化を提案

経験豊富な導入支援チームが入念にヒアリングし、運用まで見据えた要件定義、設定仕様書作成、設定代行まで行います。
導入される企業様にとって無理がなく、効率的な計算方式の見直しも含め、面倒な勤怠管理業務のスリム化をご提案します。

導入コンサルチームが運用のスリム化を提案

企業ごとに異なる
勤務実績計算に幅広く対応

実は勤怠管理の計算方式は企業ごとに異なっています。
そのため、他社の勤怠管理システムを導入したにもかかわらず、今までと計算方式が異なるため結果に大きく差が出てしまい、結局手作業で修正されるケースを散見します。
kinnosukeは、具体的な企業形態に応え続けた実績から様々な計算方式に対応可能。
導入支援チームも今までの計算方式を見据えて設定仕様書を作成しています。

企業ごとに異なる幅広い計算方式に対応可能。

お問合せ・資料請求CONTACT